公益財団法人 衣笠繊維研究所

公益財団法人 衣笠繊維研究所とは、

繊維学とその基礎学問領域の成果を研究報告書、書籍発刊、講演会など
の啓蒙活動によって広めるとともに、当財団が維持管理する国登録有形
文化財「衣笠会館」の一般公開事業を行う。

繊維学術賞・繊維教育賞

   
      
公募
繊維学術賞及び繊維教育賞の
公募について 

                                            
公益財団法人 衣笠繊維研究所では、繊維学術賞と繊維教育賞を公募します。 繊維学術賞については、繊維学及びその基礎科学 領域※の研究及び その実用化研究に優れた成果をあげた個人または団体を表彰します。繊維教育賞については、繊維学およびその 基礎科学領域※の教材研究及び教育について活発な実践活動を行っている個人または団体を表彰します。      
応募資格     
応募対象の成果を生み出した場所(自宅、団体、組織)が京都府内であること。自薦他薦を問いません。                
提出書類      
1)授賞対象となる研究成果または実践活動の概要などを記した書類。応募用紙は当ホ-ムペ−ジからダウンロ−ドして下さい。
2)申請書の提出期間 : 7月15日〜10月31日〈消印有効〉
3)提出方法 : 郵送 
受賞者の選考
応募書類を基に学識経験者、専門家により受賞者を決定します。授賞式は毎年3月下旬を予定しています。     
表彰品      
楯および副賞(5万円)                  
応募連絡先      
公益財団法人  衣笠繊維研究所
担当理事       中山 伸
〒603-8326    京都市北区北野下白梅町29 
メ−ルアドレス : resent.kinu@mbr.nifty.com             
     
受賞      
繊維学術賞の受賞者 
繊維学術賞は平成19年、繊維教育賞は平成23年に創設され、年度毎に受賞者を選考しています。次に受賞者と受賞研究課題を示します。なお、授賞対象の研究成果概要は、それぞれの年度に発行された当財団研究報告に掲載されています。
平成29年度

     ● 繊維学術賞
       島袋順二
      「家蚕人工飼料育の生物生産における応用的研究」

         


平成28年度


     ● 繊維学術賞
       該当者なし

 平成27年度

     ● 繊維学術賞
       末弘由佳理
      「布の‘しっとり感’に関する研究」
      


    
 平成26年度

     ● 繊維学術賞
       安川涼子
      「伝統工芸染織の感性工学的評価と応用に関する研究」


      

         ● 繊維教育賞
           相楽木綿の会(代表 福岡佐代子)
          「相楽木綿の復元と伝承人材の育成」


          



 平成25年度

         ● 繊維学術賞
           赤田昌倫
          「出土古代繊維の劣化研究」

         ● 繊維教育賞
           川島テキスタイルスク−ル(校長 武部吉輝) 団体表彰
          「染織工芸分野の技能力開発を目指した教育活動の展開」




 平成24年度

     ● 南 秀明
       「靭皮繊維の水哲処理に伴う化学的変化に関する研究」





 過去の受賞者及び受賞対象研究(財団法人 衣笠会)
  
   平成23年度
    ● 間宮寛之
     「カイコ体内に取り込まれるクワ蛋白質に関する研究」
    
   平成22年度
    ● 該当者なし

   平成21年度
    ● 坂野大介
     「家蚕の温度ストレス適応性に関する研究」

    ● 新田育郎
     「クワ葉に存在する巨細胞の微細構造とカルシウム蓄積能力に関する研究」

   平成20年度
    ● 有松祐治
     「カイコ二本鎖RNA分解酵素の分子特性と遺伝子発現に関する研究」

    ● 行松啓子
     「A comparative study of Thai matmil and Japanese kasuri」

   平成19年度
    ● 渡邊昌秀
     「カイコ絹糸腺フィブロイナ−ゼの酵素学的特性と生理学的役割に関する研究」

    ● 片山寿人
     「クワ葉における表皮細胞の機能分化と多様性に関する研究」